全2137文字
PR

 パソコンが古くなると、(1)起動や動作が遅い、(2)ストレージの空きがない、(3)アプリや周辺機器の調子が悪い、といった不満が出る(図1)。これから3年、我慢を重ねて使うのは御免こうむりたいところ。パソコンが快適に動くかどうかはメンテナンス次第だ。

図1 10パソコンは使用期間が長いため、さまざまな問題が発生しがちだ。ここでは、(1)起動や動作が遅い、(2)ストレージの空きがない、(3)アプリや周辺機器の調子が悪い、という3 つの問題を解決しよう
図1 10パソコンは使用期間が長いため、さまざまな問題が発生しがちだ。ここでは、(1)起動や動作が遅い、(2)ストレージの空きがない、(3)アプリや周辺機器の調子が悪い、という3 つの問題を解決しよう
[画像のクリックで拡大表示]

 そのメンテナンスにお薦めしたいのが「Glary Utilities」という定番フリーソフト。さまざまなメンテナンス機能を備えた総合型アプリで、クリック1つで不要なファイルや設定を一掃できる(図2)。

ワンクリックでここまでのメンテナンスが可能
ワンクリックでここまでのメンテナンスが可能
図2 基本的なメンテナンスはフリーソフトを使うのが簡単だ。クリック1つで不要なレジストリ設定、リンクが切れたショートカット、不要な一時ファイルなどを削除できる
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、パソコンの設定情報を集めたレジストリには、不要になった設定がたまっている。パソコンはレジストリを参照しながら動作するので、レジストリが肥大化すると動作が鈍くなる。また、リンク切れのショートカットが多いと、バックグラウンドで無駄な追跡をしてリソースを消耗する。OSやアプリが利用した一時ファイルも、Cドライブの容量を無駄に消費している。Glaryはこうした余計な設定やファイルをまとめて処理できる。

 最初にアプリを起動したら、まず表示言語を日本語に変更(図3図4)。「ワンクリックメンテナンス」を選び、「問題点をスキャン」を押すと、削除できるレジストリ設定や一時ファイルなどが検出される(図5)。あとは「問題点を修復」を押すだけで、不要な設定やファイルが削除される(図6)。不要な設定やファイルはいずれたまってくるので、定期的に実行しよう。

図3 「Glary Utilities」の提供元サイトで「Download Now」をクリックし、ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックしてインストールする
図3 「Glary Utilities」の提供元サイトで「Download Now」をクリックし、ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックしてインストールする
[画像のクリックで拡大表示]
図4 日本語表示にするには、「Menu」を開き、「Réglages」を選択したら(1)(2)、「Langue」欄を「日本語」に設定する(3)
図4 日本語表示にするには、「Menu」を開き、「Réglages」を選択したら(1)(2)、「Langue」欄を「日本語」に設定する(3)
[画像のクリックで拡大表示]
ワンクリックでメンテナンス
ワンクリックでメンテナンス
図5 「ワンクリックメンテナンス」をクリックし、「問題点をスキャン」をクリック(1)(2)
[画像のクリックで拡大表示]
図6 問題点が検出されたら、「問題点を修復」をクリック。これで検出した問題がすべて解決される
図6 問題点が検出されたら、「問題点を修復」をクリック。これで検出した問題がすべて解決される
[画像のクリックで拡大表示]