全2016文字

 Windowsには標準で「メール」アプリが用意されている。これを使えばプロバイダーが提供するメールや「Gmail」「Yahoo!メール」といった各サービスのメールをやりとりできる。今使っているメールクライアントに不満があるなら、ほかのメールアプリへの乗り換えを検討しよう。無料で利用できるメールアプリも数多く存在する。ここでは、無料で利用できるお薦めのアプリを紹介しよう。

乗り換えの作業は簡単

 新しいメールアプリへの乗り換えを検討する前に、メールアプリのセットアップ方法をおさらいしておこう。

 メールアプリをセットアップするには、メールアドレスとそのパスワード、メールの受信に必要なPOP3サーバーかIMAPサーバーのアドレスやポート、メールの送信に使うSMTPサーバーのアドレスやポートなどの情報が必要になる。これらの情報は、メールアドレスを提供するプロバイダーや各サービスから入手できる。POP3やIMAP、SMTPは通信プロトコルの名称である。

 メールアプリのセットアップでは、メールアドレスを入力するとメールアプリが独自に持つデータベースを参照し、メールの送受信に必要な上記のアドレスやポートなどを自動入力してくれる場合が多い。メールアドレスとパスワードを入力するだけで済めば、セットアップはあっという間だ。

メールアドレスとパスワードを入力するだけで、設定が完了するメールアプリが多い。画面は「eM Client」の設定画面
メールアドレスとパスワードを入力するだけで、設定が完了するメールアプリが多い。画面は「eM Client」の設定画面
[画像のクリックで拡大表示]

 メール受信に使うPOP3とIMAPの違いを理解しておくと、利用シーンに合わせてどちらのプロトコルを使うべきかを判断しやすい。POP3はサーバーからPCやスマートフォンなどの端末に、メールをダウンロードして保存する。一方、IMAPはサーバーにメールを残したままメールを読み出す。広く使われているのはIMAPのほうだ。

 POP3は受信したメールは端末に保存するため、パソコンやスマホに一度ダウンロードしておけばインターネットに接続していない状態でもメールを閲覧できる。サーバーのメールはダンンロードしたときなどに削除するか、そのまま残すかを選べる。

 一方、IMAPはサーバーにメールを残したまま端末で読み出す。IMAPでは端末でメールを閲覧したとき、サーバーに既読状態を保存する。このため、PCやスマホなど複数の機器で1つのメールアドレスを共有するときに便利だ。ただし、サーバーにメールが残るため、容量の上限が設定されている場合は不要なメールの削除や手元に保存するといった作業が必要になる。

 POP3とIMAPを併用することも可能だが、サーバーによって既読状態の共有に失敗することがある。複数の端末やメールアプリで利用するなら、すべてIMAPにしたほうがよい。

メールの受信方法はIMAPとPOPを選べる。メールアプリをいろいろ試すのであれば「IMAP」のほうがよい。画面は「Thunderbird」の設定画面
メールの受信方法はIMAPとPOPを選べる。メールアプリをいろいろ試すのであれば「IMAP」のほうがよい。画面は「Thunderbird」の設定画面
[画像のクリックで拡大表示]