全4734文字

 パソコンを選ぶうえで、機器ごとの仕様の差を理解しながら選択肢を絞っていくことは重要だ。しかし、実際にはメーカーのWebページを読んだ程度では理解できないような難解な項目が多い。ある程度の基本は理解している人にとっても、数年ぶりにPCを買い替えようと思ったタイミングでは、用語の細かい意味を忘れていたり、新しい技術が登場してトレンドが変わっていたりすることもある。特にディスプレイは、デスクトップPCの外付け型とノートPCの内蔵型ともに2022年から2023年にかけて大きく変化しそうだ。ここでは、ディスプレイの技術トレンドを押さえ、それぞれ仕組みや効果を紹介しよう。

高リフレッシュレート製品の登場

 ディスプレイが映像を再生している際には、パラパラ漫画のページを切り替えるように、画面表示を素早く書き換えている。この切り替えスピードのことを「リフレッシュレート」と呼び、単位は「Hz(ヘルツ)」で表す。例えば、60Hzの場合、1秒間に60回画面を書き換えていることになる。

リフレッシュレートは1秒間で画面が書き換えられる回数のこと。リフレッシュレートが高いほうが動きが滑らかになる
リフレッシュレートは1秒間で画面が書き換えられる回数のこと。リフレッシュレートが高いほうが動きが滑らかになる
(出所:井上 晃)
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、紛らわしい言葉に「フレームレート」がある。コンテンツのコマの頻度のことで、fps(frames per second)という単位で表す。パラパラ漫画の例でいえば、1秒間に60枚のページをめくっても、パラパラ漫画のキャラクターのスピード感がおかしくならないように、1秒間分のページ数がしっかり60枚整えらていることをイメージするとよいだろう。

 つまり、単純化するならば、もしフレームレート=120fpsのコンテンツ(1秒間に120枚めくる想定で作られたコンテンツ)を表示したいならば、リフレッシュレート=120Hzに対応したディスプレイ(1秒間に120枚をめくることができる画面)が必要——という関係性になる。

 ゲーミング向けでは、フレームレートが高い映像のほうが、3D画面での酔いを防ぎやすく、遊びやすいとされる。一般的な60fpsのコンテンツに比べ、倍の120fpsや144fps、165fpsでは快適なプレーが期待でき、240fpsだととても快適なプレーが期待できるといわれている。そのため、ゲーミングノートやゲーミングモニターでは、120Hzや144Hz、165Hzなどのリフレッシュレートに対応しているのが前提であり、eスポーツ向け機材ならば240Hz対応は必須だ。

144Hzのリフレッシュレートに対応した17.3型液晶ディスプレイを搭載するマウスコンピューターのノートPC「G-Tune P7」
144Hzのリフレッシュレートに対応した17.3型液晶ディスプレイを搭載するマウスコンピューターのノートPC「G-Tune P7」
(出所:マウスコンピューター)
[画像のクリックで拡大表示]

 このように、高リフレッシュレートに対応する製品といえば、高くても240Hz程度が一般的だった。しかし、360Hzや500Hzなどの超高リフレッシュレートを備えるゲーミングモニターなども登場してきている。コンシューマー向けの機器に普及するとは考えにくいが、ゲーミングブランドのフラグシップ製品が高リフレッシュレート化していく傾向は、おそらく今後も続くと思われる。

 ちなみに、高リフレッシュレートで、かつ高解像度でコンテンツを表示するには、PCのスペックやゲーム側の対応状況なども関係してくる点は理解しておきたい。例えば、60fps駆動では4Kで遊べたゲームが、120fps駆動にするとフルHDまで画質が落ちてしまうという場合がある。さらに、実際には「ティアリング」(複数のフレームが一度に描画されてしまう現象)や、「スタッタリング」(GPUの力不足で起こるカクツキ)を抑制する技術として、画面のリフレッシュレートをGPUに同期させる可変リフレッシュレート同期機能も関係してくる。フレームレートやリフレッシュレートの挙動を、ディスプレイの仕様だけで考えることは難しく、俯瞰(ふかん)的に仕様を把握しなくてはならないのが難しいところだ。