全3806文字
PR
 2024年春卒業予定の大学生の就職活動が早くも序盤戦に突入している。リクルート就職みらい研究所が2022年11月に発表した調査によると、2022年9月時点で学生の74%が既にインターンシップなどに参加済み。外資系の一部業種・職種など、選考を始めている企業もある。
 学生は国の指針である「2023年3月会社説明会、6月選考開始」を1つのスケジュールの目安としつつ、選考が本格化するまでに企業研究を進めることが求められる。
 本特集ではITベンダーやIT人材の採用に積極的な事業会社の新卒採用者を直撃。IT業界を志す学生が自身のキャリアプランを考える手掛かりとなるよう、各社担当者の生の声をお届けする。なお、政府の方針で2024年卒の情報解禁は2023年3月であるため、具体的な採用計画や選考フローなどは2023年卒向けの情報を基に記載している企業もある。

 連結売上収益(売上高に相当)3兆5000億円を誇り、長年にわたり国内のITサービス産業を支えている企業の1社である富士通。IT業界を志望する学生からは、依然として高い人気を誇る。富士通はどのような学生を求めているのか。また、富士通の選考フローや、強みや弱みについて、同社の新卒採用責任者に聞いた。

富士通の渡辺大介Employee Success本部人材採用センター長
富士通の渡辺大介Employee Success本部人材採用センター長
(写真:北山 宏一)
[画像のクリックで拡大表示]

4つの採用コース、「JOBマッチング」での入社が徐々に増加

富士通の新卒採用計画と選考フローは。

 まず2024年卒に関する情報解禁は2023年3月からですので、2023年卒を前提に話すことをご理解ください。当社は通年採用をしており、毎年方針は大きく変わっていません。

 富士通の新卒採用は、4つの採用コースを設けています。採用段階で職種や配属部署を限定しない「OPENコース」、ビジネスプロデューサー(営業職に相当)・エンジニアなど入社前に職種を決める「職種マッチングコース」、職種と配属本部を決める「JOBマッチングコース」、そして研究職向けの「研究所コース」です。

 入社前からやりたいことが明確な学生と、入社後に職種や職場をじっくり考えたい学生がいますので、思考に応じて選べるようにしています。OPENコースを選ぶ学生が多いですが、最近はJOBマッチングコースで入社する人が徐々に増えている状況です。

 選考フローは適性検査や書類選考を経て、面接を複数回実施するかたちが多いです。学校推薦を利用する場合は面接回数が少なくなります。採用人数は毎年750人ほどで、例年大きく変えていません。

どのような学生を求めていますか。

 「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていく」という、当社のパーパス(存在意義)に「共鳴」してくれる人を求めています。「それいいな」という共感だけではなく、一歩進んだ「それ一緒にやってみたい」と共鳴してくれる人が理想です。また、当社が大事にしている3つの価値観「挑戦」「信頼」「共感」に対して、自分なりの考えを持っていることが望ましいです。

 人物像としては「言われたことをがんばります」という人より、主体的に行動できる人です。当社は今、「DX(デジタルトランスフォーメーション)カンパニーになる」という大きな変革期にあります。正解がなく、ハードルも高いことに挑戦していますので、目の前の課題を解決するために自ら考えて動き、必要に応じて周囲を巻き込む力が必要です。面接では学生時代の経験から、そのあたりのポテンシャルを伺いたいと考えています。