全4155文字
PR
 2024年春卒業予定の大学生の就職活動が早くも序盤戦に突入している。リクルート就職みらい研究所が2022年11月に発表した調査によると、2022年9月時点で学生の74%が既にインターンシップなどに参加済み。外資系の一部業種・職種など、選考を始めている企業もある。
 学生は国の指針である「2023年3月会社説明会、6月選考開始」を1つのスケジュールの目安としつつ、選考が本格化するまでに企業研究を進めることが求められる。
 本特集ではITベンダーやIT人材の採用に積極的な事業会社の新卒採用担当者を直撃。IT業界を志す学生が自身のキャリアプランを考える手掛かりとなるよう、各社担当者の生の声をお届けする。なお、政府の方針で2024年卒の情報解禁は2023年3月であるため、具体的な採用計画や選考フローなどは2023年卒向けの情報を基に記載している企業もある。

 メインフレームから人工知能(AI)、クラウドまで、100年以上にわたりコンピューター産業のけん引役を担ってきた米IBM。日本法人である日本IBMも直近で8000億円近い売り上げがあり、量子コンピューティングをはじめとする先端技術に取り組む研究開発拠点を擁する。同社の2024年新卒採用のフローや募集職種、求める人材像などについて、丘沢葉月人事新卒採用マネージャーに聞いた。

日本IBMの丘沢葉月人事新卒採用マネージャー
日本IBMの丘沢葉月人事新卒採用マネージャー
(出所:日本IBM)
[画像のクリックで拡大表示]

日本IBMの新卒採用計画と選考フローは。

 現時点で2024年卒の採用を募集しているのは「IBMコンサルティング事業本部」のうちデジタルビジネスコンサルタント、ITスペシャリスト、データサイエンティストの3職種です。2024年卒の募集職種としてはこのほかに戦略コンサルタントとデザイナーもありますが、デザイナーは2022年の夏季インターンシップに参加した学生のみ、戦略コンサルタントはインターンシップに参加した学生を中心に募集し、いずれも2022年12月時点で既に締め切っています。

 同本部の複数の職種は2024年卒の新卒採用を締め切っていますが、デジタルビジネスコンサルタントやITスペシャリストは募集の枠が大きく、2022年12月から2023年1月ごろに再募集する可能性があります。再募集については2022年内をめどに情報を公開予定です。

 選考フローについて、まずはエントリーシートを提出してもらうのと同時にWebアセスメントを受けてもらいます。そこから書類選考やグループワークの選考、個人面接など経て内々定のオファーを出します。採用人数は非公開ですが、2023年卒は日本IBMのグループ全体で約830人採用しています。