全1779文字
PR

ゲームの世界ではボイスチャットで仲間とプレイ

 世の中一般のコミュニケーションツールといえば、メールやLINEなどのほか、「Zoom」や「Teams」などのオンライン会議サービスなどが思い浮かぶ。だが最近は、ゲーム用のツールでコミュニケーションするユーザーが増えている。

 例えば、3人1組でチームを作り、最大20チームで対戦する人気のFPSゲーム「Apex Legends」(以下、Apex)(図1)では、コミュニケーションに使われているのが「ボイスチャット」だ。ゲームをプレイしながら音声で状況や指示をやり取りすれば、ゲームを有利に進められる。

FPSゲームの多くは「ボイスチャット」機能を備える
FPSゲームの多くは「ボイスチャット」機能を備える
図1 Apexの起動画面。標準搭載のボイスチャット機能を設定をするには右下の設定アイコンをクリック
[画像のクリックで拡大表示]

 Apexのボイスチャットは細かな設定が可能だ(図2)。独り言をつぶやくときなどは設定したキーを押し、一時的に共有を停止できる。

図2 オーディオの設定を開き、マイクやボイスチャットに関する設定を細かく調整できる
図2 オーディオの設定を開き、マイクやボイスチャットに関する設定を細かく調整できる
[画像のクリックで拡大表示]

コミュニケーションを活発に

 ApexはスマホやPlayStation 4でもプレイできるが、パソコンで楽しむプレイヤーはApex内蔵のボイスチャット機能をあまり使わない。多くは「Discord」のボイスチャットサービスを併用している(図3)。

Discordをダウンロードする
Discordをダウンロードする
図3 Discordのサイト(https://discord.com/)にアクセスし、アプリをダウンロードする
[画像のクリックで拡大表示]

 Discordは、ゲーマーを中心にユーザーを広げているコミュニケーションツール。テキストチャットや音声通話、映像のライブ配信などの機能を備える。無料で利用でき、最近では教育機関やコミュニティでも使われている。