PR

 停止するはずのエレベーターのかごが上昇。扉が開いた状態でかごの床と建物の床に30cm以上の段差が生じた。けが人はなかったが、国土交通省は「重大事故につながる可能性もあった」とみて事故原因を調査。2018年3月に公表された報告書は、整備不良で生じた金属の摩耗粉が障害の原因となり、ブレーキが正常に動作しなかったと結論付けた。エレベーターを製造した東芝エレベータは、ブレーキ部の点検強化などの再発防止策を打ち出した。

この記事は有料会員限定です

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)