PR

本記事は、日経 xTECHの 「開けてびっくり、iPhone XSとiPhone XS Maxの電池が全く違う」(2018年9月25日に掲載)を再編集したものです。

 米アップル(Apple)の2018年版新型iPhoneこと、2018年9月21日発売の「iPhone XS」(以下、XS)と「iPhone XS Max」(以下、XS Max)を分解していこう。巷では“進化が止まった”とも評されている新型iPhone。既存製品とはどのような違いが見られるのだろうか。また、ディスプレーのサイズなどを除けば機能的に同じとされているXSとXS Maxの違いはどうなっているのだろうか。

 今回、分解にはものづくりコワーキングスペースのDMM.make AKIBAにご協力いただいた。

iPhone XS Maxをヒートガンで温めた後、吸盤とヘラを使ってディスプレーを外す(以下、撮影:渡辺 慎一郎)
iPhone XS Maxをヒートガンで温めた後、吸盤とヘラを使ってディスプレーを外す(以下、撮影:渡辺 慎一郎)
[画像のクリックで拡大表示]

熟練技術者の手により、あっさりとiPhone XS Maxのディスプレーが開いた
熟練技術者の手により、あっさりとiPhone XS Maxのディスプレーが開いた
[画像のクリックで拡大表示]