1. 日経クロステック トップ
  2. ITシステム
  3. 2025年の崖に立ち向かう

2025年の崖に立ち向かう

 2025年までにシステム刷新を集中的に推進する必要がある――。経済産業省は、2018年9月に公表した「DX(デジタルトランスフォーメーション)レポート」でこう指摘した。この問題は「2025年の崖」と名付けられ、大きな注目を集めている。

 多くの企業が、長年使ってきた基幹系システムの見直しを迫られている。構築時から大きな変更なく「塩漬け」状態となっているERP(統合基幹業務システム)はその典型だ。またそうした古い基幹系システム(レガシーシステム)は、データ活用に制約があることが多く、企業がデジタル化を推進するときの足かせになりかねない。

 「2025年の崖問題」を踏まえて基幹系システムをどう変えていくべきか、そのノウハウを事例と共に解説する。

PR

パート1 経済産業省に聞く「2025年の崖」

パート2 塩漬けERPからの脱出

パート3 レガシー解体術

PR

日経クロステック Special

What's New

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

この機能は会員登録(無料)で使えるようになります

フォロー連載・特集

設定