1. 日経クロステック トップ
  2. 技術者の転職
  3. AI時代の「標準言語」、Python最前線

AI時代の「標準言語」、Python最前線

 プログラミング言語「Python」の人気が沸騰中だ。2020年からはCOBOLを押しのけて、Pythonが基本情報技術者試験に採用される。AIを活用したシステムを開発するのに最適な言語であり、もはやCOBOL世代もPythonと無縁ではいられない。

 とはいえPythonには弱点や不向きの用途もある。前半では知られていないPythonの常識や、活用する際に必ず感じるであろう疑問を解き明かす。

 後半は技術者に向けて、Pythonをすぐに使えるサービス「Google Colaboratory」を利用してPythonを実践的に解説。人工知能(AI)関連のライブラリーが充実しているPythonの最前線に迫る。

パート1 今なぜPythonか、疑問に答える

パート2 技術者のためのPython

日経クロステック Special

総合

この機能は会員登録(無料)で使えるようになります

フォロー連載・特集

設定