全5563文字
PR

 排出ガス規制、ガソリンがぶ飲み批判。幾多の困難にさらされるたび、田所朝雄らマツダの技術陣はサーマルリアクタ、熱交換器などの新技術を開発、苦境を乗り切ってきた。そして手にしたRX-7のヒット、1991年のル・マン総合優勝。ロータリーエンジンは1つの黄金時代を迎える。しかしその陰で、新たな危機が足元に忍び寄っていた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料