1. 日経クロステック トップ
  2. 建築
  3. さらば!中銀カプセルタワービル

さらば!中銀カプセルタワービル

 2022年4月12日、建築家、黒川紀章の代表作の1つである「中銀(なかぎん)カプセルタワービル」(1972年竣工)の解体工事が始まった。メタボリズム(新陳代謝)の思想を体現した建築として世界的に知られるビルだ。これまで幾度となく保存と解体の議論がなされてきたが、ついに姿を消すこととなった。日経クロステック/日経アーキテクチュアでは、これまで報じてきた中銀カプセルタワービルに関する主な記事を振り返り、有名建築の保存と解体の議論がどのように行われてきたのかをとどめておくことにした。

PR

建築巡礼 昭和モダン編1970年代

夢に終わったカプセル取り換え案

揺れた保存・解体の経緯

解体議論で火花が散る

PR

日経クロステック Special

建築・住宅

この機能は会員登録(無料)で使えるようになります

フォロー連載・特集

設定