全447文字
PR
本記事は、日経アーキテクチュアの過去記事を再掲載したものです。記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 2007年1月21日にオープンした国立新美術館。ガラス張りの波打つ外観が際立つこの建物の2階で、設計を手がけた黒川紀章氏の展覧会が開催されている。会場には黒川氏の代表作が大きなスクリーンや模型などとともに展示されている。そのなかでひときわ目を引くのがソニータワー大阪と中銀カプセルタワーを紹介した約5m四方のスクリーンの片側に添えられた黒川氏のメッセージだ。

 例えば、ソニータワー大阪の紹介では、同タワーを取り壊して新たな建物を建てるプロジェクトに設計者としてかかわるプランテック総合計画事務所の大江匡会長に対して、名指しで「本気か!」と問うた。中銀カプセルタワーのスクリーンでは、建物の所有者の一人で、建て替え案の設計を取りまとめているエンバイロ・デザインの木村明彦代表を「取り壊し派」と位置付けた。そのうえで、建て替えに向けた「票集め工作」をしていると批判した。

ソニータワー大阪を紹介したスクリーン。『中銀カプセルの構想をオフィスビルに(ショールーム)として展開した重要な作品であったが、取り壊され建築家大江匡氏が新計画をつくっていると聞いている。本気か!』と書いてある(写真:木村 輝)
ソニータワー大阪を紹介したスクリーン。『中銀カプセルの構想をオフィスビルに(ショールーム)として展開した重要な作品であったが、取り壊され建築家大江匡氏が新計画をつくっていると聞いている。本気か!』と書いてある(写真:木村 輝)
中銀カプセルタワーを紹介するスクリーン。『私は新型カプセルと交換することによるリサイクルで建築を更に百年長持ちさせたいと提案している。また、この方法が認められれば、ユニットを一つずつ吊り下げて取り替えるのでアスベストの除去も早急に可能となる。工期も実質8カ月だ。今のところ取り壊し派(建築家 木村明彦氏など)による票集め工作は総会での建て替えに必要な4/5を集めるに至らず140戸のカプセルの所有者の意向次第で保存の希望は残っている。街角に文化遺産の保存を!』と書かれている(写真:木村 輝)
中銀カプセルタワーを紹介するスクリーン。『私は新型カプセルと交換することによるリサイクルで建築を更に百年長持ちさせたいと提案している。また、この方法が認められれば、ユニットを一つずつ吊り下げて取り替えるのでアスベストの除去も早急に可能となる。工期も実質8カ月だ。今のところ取り壊し派(建築家 木村明彦氏など)による票集め工作は総会での建て替えに必要な4/5を集めるに至らず140戸のカプセルの所有者の意向次第で保存の希望は残っている。街角に文化遺産の保存を!』と書かれている(写真:木村 輝)

この記事は有料会員限定です

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)