1. 日経クロステック トップ
  2. 建築プロジェクトデータベース
  3. 江戸東京博物館
建築プロジェクトデータベース

江戸東京博物館

江戸城に高さを合わせ、高層部に巨大無柱空間を実現

有料会員限定
PR

 江戸・東京の歴史や文化を体験しながら学習できる新タイプの博物館。東京都の「マイタウン東京」計画の核施設として総額590億円をかけて完成した。建物の構成は、常設展示室や収蔵庫などを入れた4階以上の高層部と、2階以下の低層部、その間の「ひろば」部分と、大きく3つに分かれている。独特の形態は、設計者によると「江戸から東京へ時間軸を刻みつつ日本的な原形を保持し、21世紀へ向けた全く新しいもの」を提案したという。建物の地上高62mは、江戸城の天守閣の高さに合わせた。4本のスーパー柱と展示室の上下を走るスーパー梁による構造システムを採用している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

あなたにお薦め

もっと見る
PR

この機能は会員登録(無料)で使えるようになります

フォロー連載・特集

設定