PR

 伊仏合弁STMicroelectronics社は、ドイツ・ニュルンベルクで開催された「embedded world 2018」(2月27日~3月1日)において、Arm Coretx-Mマイコン「STM32」でAIの推論処理を実行するための開発ツール(ソフトウエア)「STM32CubeMX.AI」を展示、推論処理のデモンストレーションを行った。一般にAI処理というとGPUなどの大消費電力ICが必要とのイメージがあるが、低消費電力なマイコンでもAI処理を利用できることを、今回のデモンストレーションではアピールしていた。

「STM32CubeMX.AI」を展示していたコーナー。日経 xTECHが撮影。
「STM32CubeMX.AI」を展示していたコーナー。日経 xTECHが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 STM32CubeMX.AIは同社の中央研究所が開発中のツールである。説明に当たっていたDanilo Pietro Pau氏(Advanced System Technology-Central Labs, Embedded Analytics Research Platform Senior Principal Engineer)によれば、現在、複数の顧客とブラッシュアップを図っており、2018年末までにSTM32マイコンの顧客が使えるようにする予定だとした。

 同氏によれば、LasagneやKeras、Caffe、ConvNetJSといったよく知られたツールやライブラリーを使って開発した学習済みCNN(Convolutional Neural Network)が今回のツールの入力である。ツールが稼働するSTのサーバーに学習済みCNNを送る。その際、ユーザーはCNNを実装したいマイコンの種類(製品番号)、性能と消費電力の優先度合い、使いたいマイコンのIDEなどを指定する。サーバー上のソフトウエアが、ユーザーの指定に従って最適化したバイナリーコードを自動生成し、ユーザーの手元に送ってくる。それを指定したIDEに入力し、そのほかのコードと一緒にしてターゲットのマイコンに実装する。

 ブースでは、マイクで拾った音から、マイクが置かれた環境を推定するデモンストレーションを見せていた。Pau氏によれば、一般的なMEMSマイクで得た環境音(背景音)から、室内/屋外/クルマの中を聞き分けることができるという。デモンストレーションに使ったマイコンはArm Cortex-M4をCPUコアにした低消費電力が特徴の「STM32L4」。ブースでは、このSTM32L4のほかに、同じくArm Cortex-M4をCPUコアにする「STM32F4」やArm Cortex-M7をCPUコアにする「STM32F7」を対象のマイコンとして紹介していた。