伊仏合弁STMicroelectronics社は、ドイツ・ニュルンベルクで開催された「embedded world 2018」(2月27日~3月1日)において、Arm Coretx-Mマイコン「STM32」でAIの推論処理を実行するための開発ツール(ソフトウエア)「STM32CubeMX.AI」を展示、推論処理のデモンストレーションを行った。一般にAI処理というとGPUなどの大消費電力ICが必要とのイメージがあるが、低消費電力なマイコンでもAI処理を利用できることを、今回のデモンストレーションではアピールしていた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い