産業用組み込み機器向けのコンピューターモジュールを手掛ける独 congatec社は、ドイツ・ニュルンベルクで開催の国際展示会「embedded world 2018」(2月27日~3月1日)においてプレスカンファレンスを行い、組み込み機器向けのハイパーバイザーソフトウエアを手掛ける独Real-Time Systems(RTS)社の買収を発表した。コンピューターモジュールはマイクロプロセッサーなどのプロセッサーICとその周辺部品を実装した小型のプリント回路基板で、機器のCPUの機能を担う。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い