PR

 近年、米国でスポーツ産業の枠を超えて社会問題化しているのが、選手同士が接触するコンタクトスポーツで発生する「脳震盪(のうしんとう)」だ。

 特に、米国で圧倒的な人気を誇るアメリカンフットボールのプロリーグNFLでは、脳震盪などの脳障害を繰り返し起こしたことで発生すると言われる「慢性外傷性脳症(CTE)」が原因で、現役引退後に重い障害を抱えたり、自殺したりする選手が相次いだ。

 そこでNFLの元選手5000名以上が、「脳震盪が長期的に脳機能に与える影響を不当に隠匿し、選手を保護しなかった」としてNFLを相手取って集団訴訟を起こした。2016年4月、NFLは引退後に脳疾患を患った選手やその家族に対して、総額10億ドルの巨額の補償金を支払うことで合意した。

 しかし、この訴訟が終わった今でも、ヘルメットなどの防具を着けて激しくぶつかり合うという競技特性から、根本的な問題の解決には至っていない。

 最近ではアメフトのみならず、ラグビーはもちろん、サッカーやバスケットボールなどでも脳震盪問題が取り沙汰されている。米国では、女子生徒に人気があるサッカーにおいて、高校生の選手の脳震盪発生率が高いというデータが出て問題視されている。