PR

 韓国サムスン電子は2018年2月25日(現地時間)、スペイン・バルセロナで開催予定の「Mobile World Congress 2018(MWC2018)」に合わせて、最新のフラグシップスマートフォン「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」を発表した(写真1)。

写真1●Galaxy S9(左)とGalaxy S9+(右)(撮影:山口 健太、以下同じ)
写真1●Galaxy S9(左)とGalaxy S9+(右)(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 以下では、現地バルセロナにおいて公開されたグローバル版の実機を基に、ハンズオンレポートをお届けする。

基本デザインやサイズ感はS8シリーズを踏襲

 Galaxy S9とS9+は、Galaxyシリーズの中でフラグシップに当たる「Sシリーズ」の最新モデルだ。同じくフラグシップの「Galaxy Noteシリーズ」と異なり、ペン入力には対応しないものの、最新のプロセッサーやカメラを搭載した最上位モデルになる。

 基本デザインとしてはS8シリーズを踏襲しており、手に持った印象は大きく変わっていない。画面には、縦横比「18.5:9」と長辺方向に長い、HDR対応の有機ELディスプレイを採用する。画面サイズはS9が5.8インチ、S9+が6.2インチ、画面解像度はいずれも「Quad HD+」と、S8シリーズと同じスペックになる(写真2、写真3)。

写真2●Galaxy S9
写真2●Galaxy S9
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●Galaxy S9+
写真3●Galaxy S9+
[画像のクリックで拡大表示]

 本体の左右端がわずかにカーブを描くデザインもS8シリーズと共通だ。前面デザインの変更点としては、画面上部の「穴」として見えていた虹彩認証用のスキャナーに黒い加工が施され、目立ちにくく改善された(写真4)。

写真4●虹彩スキャナーの「穴」が目立ちにくくなった
写真4●虹彩スキャナーの「穴」が目立ちにくくなった
[画像のクリックで拡大表示]