PR

 ソニーモバイルコミュニケーションズは2018年2月26日、Mobile World Congress 2018(MWC2018)の開幕に合わせてプレスカンファレンスを開催した。

 英語でプレゼンテーションした、ソニーモバイルのEVPで、Global Sales & Marketing担当の古海英之氏が冒頭で掲げたキーワードは「KANDO(感動)」。これは2018年1月に米ラスベガスで開催された家電見本市「CES2018」で、ソニーの社長兼CEO(最高経営責任者)である平井一夫氏も用いた日本語だ。古海氏は「ソニーの技術をXperiaに結集して進化させ、より没入感のあるエンターテインメント体験をお届けする」と述べた。

ソニーモバイルコミュニケーションズの古海英之氏
ソニーモバイルコミュニケーションズの古海英之氏
[画像のクリックで拡大表示]
ソニーが追求するユーザー体験を「KANDO(感動)」という日本語でアピール
ソニーが追求するユーザー体験を「KANDO(感動)」という日本語でアピール
[画像のクリックで拡大表示]

 Xperiaブランドの新製品として、最初に紹介したのは「Xperia Ear Duo」。MWC2017に参考出展したコンセプトモデルを商用化した。耳をふさがず、周囲の音を聞きながら音楽を聴いたり、人と会話したりできるのが特徴だ。ソニーの技術・研究開発のプログラム「Future Lab Program」で生まれた独自の音導管設計を採用。左右独立型の完全ワイヤレスでステレオサウンドを楽しめる。発売中の片耳だけに着ける「Xperia Ear」の進化形だ。

周囲の音を遮断せず、音漏れも少ないというXperia Ear Duo
周囲の音を遮断せず、音漏れも少ないというXperia Ear Duo
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料