PR

 スウェーデンの通信機器大手エリクソン(Ericsson)は2018年2月26日から開催中のMWC2018で、同社が機械学習やAIで得た効果を報道陣向けの説明会で明かした。ネットワークを制御するサーバーの負荷分散や携帯電話基地局に設定するパラメーターの最適化などに生かしているという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料