PR

 米ティミ(Temi)は家庭用のロボット「temi(ティミ)」を「SXSW 2018 Trade Show」(2018年3月11~14日、Austin Convention Center)に出展した。1000台のβ版提供を始めており、2018年に量産出荷を開始する予定。価格が1499米ドル(約16万円)と安価であることを最大の特徴とする。中国・台湾系メーカーの家庭用ロボットと似た構造で、タイヤ駆動部上にディスプレーを載せたものだが、洗練されたデザインでディスプレーに顔は表示されず、「Amazon Echo Show」などと同様、キャラクター性を抑えたものになっている。

この記事は有料会員限定です

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)