PR

 東芝デジタルソリューションズは、「第7回IoT/M2M展 春」(2018年5月9日~11日に東京ビッグサイトで開催)の東芝グループのブースにおいて、クルマ内での音声処理に関する展示を2つ見せた。いずれもクラウドに接続することなく機能を提供できることが特徴にする。「クラウドとの接続が切れても、機能の提供が停止しない」(説明員)。

左が「組込み型画像音声連携システム」、右が「ハイブリッド型音声対話処理」。日経 xTECHが撮影。スクリーンは東芝デジタルソリューションズのイメージ
左が「組込み型画像音声連携システム」、右が「ハイブリッド型音声対話処理」。日経 xTECHが撮影。スクリーンは東芝デジタルソリューションズのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 展示の1つめは、「組込み型画像音声連携システム」で、東芝デバイス&ストレージ社の車載向け画像認識プロセッサーIC「Visconti」を使う。同IC向けミドルウエアで道路上の物や人の検知・認識を行う。検知・認識した結果は、東芝デジタルソリューションズの音声合成ソフトウエア(汎用マイコンで稼働)を使って音声で運転者に警告として伝える。

「組込み型画像音声連携システム」を模型で模擬。右下は、画像認識ミドルウエアを実装した「Visconti」が載った評価ボード。音声処理ソフトウエアはその上のサードパーティー製評価ボードで稼働。日経 xTECHが撮影
「組込み型画像音声連携システム」を模型で模擬。右下は、画像認識ミドルウエアを実装した「Visconti」が載った評価ボード。音声処理ソフトウエアはその上のサードパーティー製評価ボードで稼働。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]