PR

 デンソーは、トヨタ自動車の新世代予防安全システム「Toyota Safety Sense(TSS)」向けのミリ波レーダーと単眼カメラの受注を獲得した。トヨタへの供給品を自動車部品の総合展示会「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」(2018年5月23~25日、パシフィコ横浜で開催)で展示した。

図1 トヨタの新世代予防安全システム「Toyota Safety Sense(TSS)」の概要
図1 トヨタの新世代予防安全システム「Toyota Safety Sense(TSS)」の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタは2018年1月に発売した上級ミニバン「アルファード」と「ヴェルファイア」から新世代システムを適用している(図1)。新世代システムに用いるミリ波レーダーと単眼カメラは、性能を高めつつ小型化したのが特徴。緊急自動ブレーキを夜間の歩行者と昼間の自転車にも対応させた。

 トヨタの予防安全システムはこれまで、中大型車向けの「TSSP」と小型車向けの「TSSC」でセンサー構成を変えていた。TSSPはミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせで、TSSCは単眼カメラと赤外線センサーを一体化したユニットを使っていた。新世代品はミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせに一本化した。

 「センサーを小型で低コストにできたことで、『ヴィッツ』クラスの小型車まで新世代システムを搭載できるようになった」。トヨタの安全担当者はこう語る。TSSPに使っていた従来品に比べて、ミリ波レーダーは6割、単眼カメラは4割の小型化を達成した。