PR

 クルマのメータークラスターが不要になるかもしれない。HUD(ヘッド・アップ・ディスプレー)で世界シェアの過半を握る日本精機は、そんな将来を構想して動き出した。同社は「人とくるまのテクノロジー展2018」(2018年5月23~25日、パシフィコ横浜)で、メータークラスターを取り去った運転席のコンセプトを披露した。必要な情報は全てHUDに集約して映す。展示会への出展で市場からの意見を集め、実現に向けて弾みをつける(図1)。

図1 日本精機が披露したHUDを搭載した運転席のコンセプト
図1 日本精機が披露したHUDを搭載した運転席のコンセプト
センターメーターを取り去り、必要な情報をHUD(ヘッド・アップ・ディスプレー)に集約した。
[画像のクリックで拡大表示]

 HUDとは、車両の速度や経路案内などの情報を、運転者の視点から2mほど先に虚像として映す車載機器だ。光源からの映像を機構内部で数回反射して拡大し、フロントウインドーやコンバイナー(表示部)に映し出す(図2)。運転者はメータークラスターやカー・ナビゲーション・システム(カーナビ)に視線を移すことなく、必要な情報を得られる利点がある(関連記事:クルマにAR、2017年に実用化)。

図2 コンセプトの表示内容
図2 コンセプトの表示内容
[画像のクリックで拡大表示]

 HUDの機能として重要となるのは、映像を運転者の視点からどれだけ遠く、広範囲に表示できるかである。

 運転者は進行方向の道路や車両などに焦点を合わせながら運転している。運転中の焦点距離と近い位置に映像を表示できれば、焦点距離の調整に必要な時間を減らせて安全になる。映像の表示範囲を広げられれば、HUDから得られる情報を増やすことができる。

HUDが表示系HMIの主役に

 これまでのHUDは、メータークラスターやカーナビに表示していた情報の一部を映すといった、補助的な役割にとどまっていた。HUDの広範囲に多様な情報を映せるようになれば、既存の表示系HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)のハードウエアを代替できる。車載機器の搭載が減れば「インストルメントパネル(インパネ)の設計自由度を高められる」(日本精機の開発担当者)とし、自動車メーカーから期待の声も上がる。HUDの普及と共に事業規模の拡大を狙う日本精機にとっては、次世代の車両開発で存在感を示す絶好の機会となる(関連記事:2040年のクルマ徹底予測 、車内は快適な「部屋」になる)。