PR

 オン・セミコンダクターは、2018年4月18日〜20日に千葉県幕張メッセで開催された「テクノフロンティア 2018 第33回電源システム展」において、米ON Semiconductor社のパワー半導体のポートフォリオを一挙パネル展示した。具体的には、IGBTやIGBT用ゲートドライバーIC、SiC(炭化ケイ素)パワー素子、パワーモジュールなどである。同社によると、「現在、パワー半導体の世界市場において当社のシェアは業界第2位だが、特性や性能の面では業界第1位の製品が多い」という。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い