ソニーは、ARグラスの2つの新技術を、ディスプレーの学会「SID 2018」(5月20~25日、米国ロサンゼルス)で発表した。1つは表示のフルカラー化および軽量化の技術(論文番号17.3)、もう1つは明るい環境での視認性を改善するための調光技術(論文番号79.4)である。

 同社はこれらの新技術を使ったARグラスの試作品を、オーサーズインタビューでデモした。実際に試してみようとする参加者で、試作品の前には長蛇の列ができた(図1)。

図1 オーサーズインタビューでのデモには長蛇の列ができた
図1 オーサーズインタビューでのデモには長蛇の列ができた
[画像のクリックで拡大表示]