自動運転や、ロボティクス用のセンシングシステムにおいては、イメージセンサーで取得した画像信号を実時間高速処理する必要がある。一般的なイメージングシステムは①イメージセンサー、②画像信号メモリー、③後段処理回路で構成されるが、イメージセンサーからメモリー、後段処理回路への信号伝送やアクセス時間がボトルネックとなり、高速化を妨げてきた。

この記事は有料会員限定です

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料