PR

 2018年8月31日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで開催中の「IFA 2018」で、中国ファーウェイが基調講演を行った。「The Ultimate Power of Mobile AI」をテーマに、最新SoC「Kirin 980」やデバイスの新製品を発表した。

 基調講演では、昨今の米国やオーストラリア政府からの締め出しについては直接言及しなかった。ただし、世界的に権威のあるアワードを受賞していることや、欧州各国のメディアから高い評価を受けていることを挙げ、一定の支持を得られていることを強調した。

世界初の7nmプロセスSoC「Kirin 980」

 基調講演には、コンシューマー事業部門CEO(最高経営責任者)であるリチャード・ユー氏が登壇。「2017年のIFAでKirin 970を発表後、さまざまなオンデバイスのAI(人工知能)サービスをリリースしてきた。ファーウェイはモバイル業界でAIを牽引している」と自信を見せた。

ファーウェイ コンシューマー事業部門CEOのリチャード・ユー氏
ファーウェイ コンシューマー事業部門CEOのリチャード・ユー氏
(写真:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 新たなSoCとして「Kirin 980」を発表。TSMCとの協業による、世界初の7nmプロセス技術を採用した。前モデルのKirin 970から採用しているNPU(Neural-network Processing Unit)は2基搭載する「デュアルNPU」構成になった。Mali-G76のGPU、4G LTEモデムが高速になり、LPDDR4Xメモリーもサポートする。

新しいSoC「Kirin 980」の特徴
新しいSoC「Kirin 980」の特徴
[画像のクリックで拡大表示]

 ファーウェイはKirin 980の性能と電力効率についてベンチマークのテスト結果を示した。それによると、Kirin 970に比べて性能は75%、電力効率は58%向上。Snapdragon 845に対しても性能は37%、電力効率は32%高いとした。

 8コアCPUの内訳は、Cortex-A76ベースの2基のビッグコアと2基のミドルコア、Cortex-A55ベースの4基のリトルコアから成る。音楽再生はリトルコア、SNSアプリはミドルコアも利用。高負荷のゲーミングは全てのコアを使うなど、一般的な「big.LITTLE」構成よりも効率的な使い分けが可能になる。

8コアの内訳
8コアの内訳
[画像のクリックで拡大表示]
用途により、使用するコアを変える
用途により、使用するコアを変える
[画像のクリックで拡大表示]