PR

 シャープは2018年8月31日からドイツ・ベルリンで開催中の「IFA 2018」にブースを出展し、OLED(有機ELディスプレー)スマホや8Kテレビ、東芝ブランドの法人向けノートPCなどを展示した(写真1)。

写真1●IFA 2018のシャープブース(撮影:山口 健太、以下同じ)
写真1●IFA 2018のシャープブース(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

初の有機ELスマホを発表

 スマートフォンとしては、シャープが開発中の有機ELディスプレー搭載モデルが展示された(写真2)。詳細なスペックは公開されず、画面もデモ用のものに固定されていたが、「真のフレキシブル」デザインを可能にするという。

写真2●シャープの有機EL搭載スマホ
写真2●シャープの有機EL搭載スマホ
[画像のクリックで拡大表示]

 自由なデザインが可能になるのが特徴。画面上部には切り欠き(ノッチ)のある全画面デザインを採用した。画面全体はわずかにカーブを描いていた(写真3)。画面サイズは6インチ程度とみられる。

写真3●画面はカーブを描いている
写真3●画面はカーブを描いている
[画像のクリックで拡大表示]

 本体背面には「AQUOS」のロゴがあり、リアカメラや指紋認証用とみられるセンサーを搭載。背面に「モバイル非接触IC通信マーク」があることから、FeliCaを搭載したおサイフケータイ対応スマホとして、日本市場への投入が期待される(写真4)。

写真4●本体背面にはFeliCaでおなじみのマークが
写真4●本体背面にはFeliCaでおなじみのマークが
[画像のクリックで拡大表示]

欧州向けスマホの新機種を発表

 欧州市場向けスマートフォンは2機種を展示した。新製品の「AQUOS D10」は、画面サイズ5.99インチ、縦横比18:9のFHD+(2160×1080ドット)液晶ディスプレーを搭載したモデル(写真5)。欧州では9月に399ユーロで発売する。

写真5●AQUOS D10
写真5●AQUOS D10
[画像のクリックで拡大表示]

 SoCにQualcomm製のSnapdragon 630を搭載した。リアカメラは1200万画素と1300万画素の2眼、フロントカメラは1600万画素。バッテリー容量は2900mAhである。重量は165gとなっている。画面上部に大きな切り欠きを備えた全画面デザインで、画面占有率は91%と高い(写真6)。

写真6●画面上部のノッチ
写真6●画面上部のノッチ
[画像のクリックで拡大表示]