PR

 PFUは、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16~19日、幕張メッセ)に、ホチキス針(ステープル)の自動除去機構を備えた大型の全自動スキャナーと、会議室の状況を把握し活用率を高めるためのスマートセンサーを出展する。いずれも開発品で、今回が初めての公開になるとする。

会議室の利用効率を高めるためのスマートセンサーを披露する、PFU先行技術部門 先行技術開発統括部 フェロー(技術戦略・ソフトウェア担当)の伊藤泰成氏
会議室の利用効率を高めるためのスマートセンサーを披露する、PFU先行技術部門 先行技術開発統括部 フェロー(技術戦略・ソフトウェア担当)の伊藤泰成氏
[画像のクリックで拡大表示]