PR

 富士通ゼネラルは、ペルチェ素子と水冷方式を組み合わせたウエアラブルエアコンの試作機を「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16~19日、幕張メッセ)で展示している。「エアコン」としているが厳密には冷却での利用を想定しており、本体を首回りに装着して首の頸動脈を冷やすことで、熱中症リスクに対処しようというもの。冷却機能に脈拍などほかの生体センサーと組み合わせることで、熱中症の危険性を検知するだけでなく実際に対処できる機器としての実用化を目指す。警備員など業務用用途を想定しており、2020年の実用化を目指す。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料