PR

 エイブリックは、新しい検知方式である「ZCL(Zero Crossing Latch)」を採用したホール効果センサーICを開発し、2018年10月16日〜19日に開催された「CEATEC JAPAN 2018」で展示した。すでに2018年10月11日に製品発表をしている。一般公開するのは今回が初めてだ。「非常に多くの参加者に関心を持ってもらっている」(同社の説明員)という。そうした人たちの共通の質問は、「どうやって0T(0mT)を検出しているのか」という点に集中した。同社の説明員は、「現時点では詳細を明らかにできないが。ポイントはコンパレーター技術にある。ホール電圧と、とある基準電圧を比較し、0mTを検出している」と説明した。技術の詳細は、ICを商品化する2019年に明らかにする予定だ。なお、「新しい検知方式の発想を得たきっかけは何か」という質問に対しては、「当社の技術者が、ユーザー企業のエンジニアと打ち合わせしている際に発想を得た」(同社の説明員)と回答した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

Amazonランキング第1位(企業経営一般関連書籍、5月13日〜21日)

 自動車、IT、建設など主要9業界を徹底取材し新型コロナの影響を分析。非接触技術の最新情報、オフィスの未来、制約条件下での新たなイノベーションなど7つのトレンドを徹底解説。30人の論客による予測も。

『アフターコロナ』の詳細はこちら

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTを知らずにこれからのビジネスはできない「IoT」の全てを網羅した決定版!

本書は「IoT」とは何かについて、基礎から体系的に学べる唯一の書です。IoT分野で使われる用語を網羅し、定義はもちろん、図版や事例を多用しつつ分かりやすく解説しました。

詳細はこちら

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

自動車技術を学ぶための最良の一冊!

豊富な図表により、難しい内容も理解しやすく構成。約6,000項目の詳細なインデックスで、知りたいことを一発検索。自動車業界で使用される欧文略語を巻末に掲載。

詳細はこちら