PR

 シャープは、AIとIoTを組み合わせたクラウドサービス「COCORO」シリーズに対応する家電同士を連携させる取り組みについて、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16~19日、幕張メッセ)で展示した。同社ではテレビや調理家電、冷蔵庫やエアコン、洗濯乾燥機など、10カテゴリーにわたるAIoT機器を発表しているが、これまでは家電とその家電に対応するスマートフォンアプリでそれぞれにやり取りする必要があった。そこで、提携する他社製品も含めて家電を一括管理できる“COCORO HOME”のようなサービスを用意し、在宅時にはテレビに洗濯終了などのポップアップ通知を表示したり、機器同士がAIアシスタントを介してやり取りしながら連携する機能の実現を予定する。

この記事は有料会員限定です

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料