PR

 エアロネクスト(本社東京)は、独自の姿勢制御技術「4D Gravity」を搭載するVR撮影用ドローン「Next VR」を「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16~19日、幕張メッセ)で展示した(図1)。

図1 VR撮影用ドローン「Next VR」
図1 VR撮影用ドローン「Next VR」
独自の姿勢制御技術「4D Gravity」を搭載する。「CEATEC AWARD 2018」の経済産業大臣賞を受賞した。
[画像のクリックで拡大表示]

 4D Gravityは独自の機構を用いて、ドローンの本体が傾いてもカメラなどを搭載する搭載部が傾かないようにする技術だ。空撮や運搬などにおいて、揺れや傾きの影響を最小限に抑える。

4D Gravityを搭載したドローンの飛行
(出所:エアロネクスト)