PR

 金属によるAM(Additive Manufacturing。付加製造)/3Dプリンティングに対応するCAMの開発が本格化している。第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)では、切削加工での工具径路と、AMでの造形ヘッド径路の両方を算出できるCAMを複数社が出展した。オークマは、このうち2社のCAMを適用して、合金工具鋼を造形・切削したサンプルを展示した。

 これらのCAMの対象は主に、AMの中でも金属粉末をレーザーなどで溶かして下地に盛っていく指向性エネルギー堆積(デポジション)方式の造形機能と、切削加工の両機能を備えたハイブリッド工作機械での加工。AMに関するCAMでの計算処理の内容は、造形ヘッドの径路の算出であり、5軸制御では造形ヘッドの向きの情報も加える。「通常のCAMは製品形状をゴールとして外側に工具径路を生成し、AMの場合は製品形状の内側に造形ヘッド径路をつくる点が異なるが、基本的な計算処理は同じ」(C&Gシステムズ)という。切削加工が困難な硬い合金工具鋼をAMで扱う用途などでメリットがあるとみられる。

自由曲面上に5軸制御で積層

 C&Gシステムズは、同社のCAMソフト「CAM-TOOL」にAM対応機能を追加した「CAM-TOOL AM」を参考出展した(図1)。2018年末に出荷の予定という。従来の切削加工対応機能はそのまま利用可能で、AMにも適用できる新パッケージとして発売する意向だ。

図1 C&Gシステムズが開発中の「CAM-TOOM AM」
[画像のクリックで拡大表示]
図1 C&Gシステムズが開発中の「CAM-TOOM AM」
[画像のクリックで拡大表示]
図1 C&Gシステムズが開発中の「CAM-TOOM AM」
左がCAM-TOOL AMの画面、右が加工サンプル。

 ブースでは加工サンプルも出展。合金工具鋼SKD61製のワークの上にAM機能でSKD61を肉盛りし、切削加工で仕上げたもの。AM機能を持つマシニングセンター「MU6300 LASER EX」(オークマ)で加工。肉盛り部分は自由曲面の上であり、AM機能の造形ヘッドを5軸制御で動かした。