PR

 米Eta Compute(エタ)社は、「ARM TechCon 2018」(2018年10月16日~18日)の展示会にブースを構えて、AI推論処理SoC「TENSAIチップ」と、このSoCを搭載した評価ボード「TENSAIプラットフォーム」を発表した(ニュースリリース)。エッジデバイスやモバイル機器に向けたSoCである。

「TENSAIプラットフォーム」。中央右にあるのが「TENSAIチップ」。中央左は周辺制御用の米Intel社のFPGA「MAX10」である。筆者撮影
「TENSAIプラットフォーム」。中央右にあるのが「TENSAIチップ」。中央左は周辺制御用の米Intel社のFPGA「MAX10」である。筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料