画像処理ソフトウエアの開発などを手掛けるエム・ソフトは、建物などの検査報告に向けARを活用したサービス「Pinspect」を「日経 xTECH EXPO 2018」(2018年10月17~19日、東京ビッグサイト)で展示している。壁面のヒビなど問題がある個所などに関して、iPadやiPhoneのカメラ映像を利用してAR(拡張現実)的に“ピン”を立てることで、詳細写真や必要な追加作業のメモなどを位置情報に関連付けて記録できる。現在、β版が大手ゼネコンやハウスメーカー、ビルメンテナンス企業などに試験導入されており、各用途でのニーズ対応を進めている。クラウドサービス化し、2018年内に正式版を発表する予定。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い