ソフトウエアとシステムの設計開発を手掛けるシステム計画研究所(ISP)は、製造業向け外観検査ソフトウエア「gLupe」(ジールーペ)について「日経 xTECH EXPO 2018」(2018年10月17~19日、東京ビッグサイト)で紹介した。今回、新たに発表した「gLupe システムパッケージ」についても展示する。これは、ソフトウエアに、カメラやレンズ、ステージ、LED照明、ワークステーションなど、必要なハードウエアを同梱したもので、従来外観検査を行っていなかったユーザーに向ける。カメラは可視光と近赤外を用意しており、価格はそれぞれの最小構成価格(税別)は340万円と560万円とする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い