東芝情報システムは、2018年10月17日に開幕した「日経 xTECH EXPO 2018」で、企業のIoT導入を支援するソリューションの構想を披露している。名称は「ECOLAS(エコラス)」。製造業の収益改善を目的に、7社でアライアンスを組む。東芝情報システムが得意とするアプリケーション(アプリ)の計画やプラットフォームの構築を軸に、顧客の需要に応じて機器やサービスを追加して売り込む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い