「スカイアクティブテクノロジー(SKYACTIV TECHNOLOGY、以下SKYACTIV)はモデルベース開発(MBD)という考えがあったからこそ成功した」──。マツダ統合制御システム開発本部首席研究員の足立智彦氏が2018年10月17日、「日経 xTECH EXPO 2018」(同年17~19日、東京ビッグサイト)の特別講演に登壇した。極めて少ない開発人数であるにも関わらず、エンジンと車両を合わせた刷新技術であるSKYACTIVの開発を成功させた鍵が、「マツダ流MBD(Model Based Development)」にあると語った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い