GISソフトの販売や受託開発を手がけるインフォマティクスは、「日経 xTECH EXPO 2018」(10月17日~19日開催、東京ビッグサイト)に「GyroEye Holo」を展示している。2次元や3次元のCAD図面を建設現場に実寸で重ねて投影したように見え、墨出しや出来形の確認、干渉チェックなどに使えるシステムだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い