PR

 Subaru(スバル)は2018年11月19日、米国で同社初のプラグインハイブリッド車(PHEV)となる「Crosstrek Hybrid」を発表した。「ロサンゼルスモーターショー(2018 Los Angeles Auto Show)」(一般公開日:2018年11月30日~12月9日)で公開し、2018年内に米国で発売する予定。

スバル初のPHEV「Crosstrek Hybrid」
スバル初のPHEV「Crosstrek Hybrid」
(写真:Subaru)
[画像のクリックで拡大表示]

 パワートレーンは、排気量2.0Lの4気筒水平対向直噴エンジンをPHEV向けに専用開発し、新型CVT「リニアトロニック」に二つのモーターを組み込んだ。荷室下にLiイオン2次電池を搭載する。電池容量は25.0Ahで、総電力量が8.8kWh。17マイル(約27km)までのEV走行が可能となる。EV走行での最高速度は105km/hで、ガソリン仕様車より停止状態から100km/hに達する時間が短いという。エンジン走行を含めた航続距離は最大480マイル(約782km)で、燃費は90MPGe(約38.3km/L)になる。

約27kmのEV走行が可能
約27kmのEV走行が可能
(写真:Subaru)
[画像のクリックで拡大表示]