PR

 米デル(Dell)は2019年1月8日から米ラスベガスで開催中の「CES 2019」に合わせてプライベートブースを出展し、ノートパソコンやゲーミングノートパソコンの新製品を発表した。

ユーザーの接近を感知する「Latitude 7400 2-in-1」

 14型ディスプレーのビジネス向けコンバーチブル2in1パソコンとして、「Latitude 7400 2-in-1」を展示した(写真1)。近接センサーを利用した高速ログイン機能として「ExpressSign-In」を初めて搭載したモデルである。

写真1●近接センサーを搭載した「Latitude 7400 2-in-1」
写真1●近接センサーを搭載した「Latitude 7400 2-in-1」
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 この機能は近接センサーを利用した「Intel Context Sensing Technology」を用いることで、ユーザーがパソコンに近づいたことを感知してシステムを起動し、Windows Helloによる顔認証でログインできる(写真2)。デルは使い勝手とセキュリティーを両立した機能と位置付ける。

写真2●近接センサーでユーザーの接近を検出する
写真2●近接センサーでユーザーの接近を検出する
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォン連携機能「Dell Mobile Connect」も搭載した。Androidスマートフォンで写真をドラッグアンドドロップするとパソコンに転送する機能に対応した(写真3)。

写真3●Dell Mobile Connectに新機能
写真3●Dell Mobile Connectに新機能
[画像のクリックで拡大表示]

 CPUは米インテル(Intel)製第8世代Coreプロセッサー(Uシリーズ)を搭載した。メモリーは最大16ギガバイト、SSDは最大1テラバイトを搭載する。オプションでWi-Fi 6(IEEE802.11ax)やLTE通信機能を選択できる。

 バッテリー駆動時間は最大24時間で、急速充電により1時間で最大80%まで充電できる。外形寸法は319.77×199.9×14.89ミリメートル、重量は2.99ポンド。2019年3月より発売し、価格は1599ドルから。