PR

 ドイツ・アウディ(Audi)は2019年3月5日、小型4ドアSUV(多目的スポーツ車)の電気自動車(EV)コンセプト「Q4 e-tron concept」を「ジュネーブモーターショー」(一般公開日:2019年3月7~17日)で世界初公開した(リリース関連記事)。同コンセプトの市販バージョンは2020年末までに発売する予定で、Audiブランドとして5番目のEVとなる。

Q4 e-tron concept(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
Q4 e-tron concept(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
Q4 e-tron concept(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
Q4 e-tron concept(撮影:日経 xTECH)

プレスカンファレンスに登壇したAudi会長のAbraham Schot氏
プレスカンファレンスに登壇したAudi会長のAbraham Schot氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen)グループのEV専用プラットフォーム「MEB」を採用する(関連記事)。電池容量は82kWh、航続距離はWLTPモードで450km。電池は前後アクスル間の床下ほぼ全域に敷き詰めた。電池の質量は510kg。最大125kWで充電でき、その場合30分で80%まで充電できる。

MEBを採用(出所:Audi)
MEBを採用(出所:Audi)
[画像のクリックで拡大表示]

 前輪と後輪に1基ずつモーターを搭載するフルタイム4WDで、後輪のモーターは出力150kW、トルク310N・m、前輪のモーターは出力75kW、トルク150N・m、システム出力は225kWである。停止から100km/hまで6.3秒で加速する。最高速度は180km/h(電子リミッター作動)。