PR

 「ISSCC 2019(International Solid-State Circuits Conference 2019)」(2月17日~21日に米国サンフランシスコで開催)の有線通信分野では、昨年はじめて世界最高速度である112Gビット/秒のPAM-4送信回路が発表された。今年は100Gビット/秒のPAM(Pulse-amplitude modulation)-4受信回路(講演番号 6.1)、400Gビット/秒(4×100Gビット/秒) PAM-4 光送受信回路(講演番号 6.5)や128Gビット/秒 PAM-4送信回路(講演番号 6.6)といった100Gビット/秒クラスのトランシーバーの主要回路が世界ではじめて実現され、立ち見を含む500人の聴講者を集め非常に注目を集めていた。

 PAM-4方式とは0/1/2/3の4値を同一タイミングで送ることで従来の0/1の2値を送るNRZ(Non-Return-to-Zero)方式に比べ、同一周波数において倍のデータレートを実現できる方式である。その他に有線通信分野においても微細化が進み最新のプロセスノードである7nm世代のFinFETを用いた56Gビット/秒クラスのA-D変換器ベースの受信回路が複数報告された(講演番号 6.2、6.3、6.4)。

 最高動作速度勝負は、ついに128Gビット/秒まで到達した。米IBMのT. J. Watson Research Centerは14nm世代のFinFETにて、128Gビット/秒 PAM-4で動作する3タップの再構成可能なFFE(Feed Forward Equalizer)を搭載した送信回路を発表し、1.3pJ/bの電力効率を実現した(講演番号 6.6)。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料