PR

 米Texas Instruments(TI)はドイツ・ニュルンベルクで開催された「embedded world 2019」(2月26日~28日)においてプレスカンファレンスを行い、バルク弾性波(BAW:Bulk Acoustic Wave)を使ったクロック共振器を内蔵したICを2製品発表した(ニュースリリース)。1つは無線通信マイコンの「SimpleLink CC2652RB」。もう1つはネットワーク同期IC「LMK05318」である。

Ray Upton氏。日経 xTECHが撮影
Ray Upton氏。日経 xTECHが撮影

 どちらのICもクロック信号源を内蔵したため、水晶発振器や水晶振動子の外付けは不要だ。「今回の2製品は画期的と自負している。例えば、CC2652RBは、外付け水晶発振器/水晶振動子が要らない、業界初の無線通信マイコンである」と、登壇した同社のRay Upton氏(Vice President and General Manager of Connected Microcontrollers)は胸を張った。BAW共振器のクロック信号源を内蔵して、外付け水晶発振器/水晶振動子が不要になったことで、大きく3つのメリットが得られるという。1つ目は、部品コストの削減に加えて、クロック発振回路の設計に費やす時間を省略できること。2つ目は、振動や衝撃などの機械的なストレスに対する耐性が向上すること。3つ目は、周波数が安定でジッターが少ないクロック信号が得られるため、ビット誤り率(BER)が低いデータ伝送や高精度なクロック/データ同期を実現できることである。

無線通信マイコンの「SimpleLink CC2652RB」。TIのスライド
無線通信マイコンの「SimpleLink CC2652RB」。TIのスライド
[画像のクリックで拡大表示]
ネットワーク同期ICの「LMK05318」。TIのスライド
ネットワーク同期ICの「LMK05318」。TIのスライド
[画像のクリックで拡大表示]