スウェーデン・エリクソン(Ericsson)は、5G(第5世代移動通信システム)経由でロボットを制御するデモンストレーションを「Hannover Messe 2019」(2019年4月1~5日、ドイツ・ハノーバー)で披露した。Ethernetをリアルタイム用途向けに拡張した「TSN(Time-Sensitive Networking)」のサブ規格であるIEEE 802.1CB.「Seamless Redundancy」を活用し、特定のフレームを複製できるようにすることで、通信の信頼性を高めている。

エリクソンが披露したデモ
エリクソンが披露したデモ
[画像のクリックで拡大表示]

 デモは、クモのような形のロボット(ただし足の本数はクモとは異なり6本)をゲームパッドで手動操作するというもの。全ての足にモーターを搭載しており、ゲームパッドの入力に応じて各モーターを動かす。ロボットコントローラーとなるソフトウエアを実装したサーバーとロボット側の基板を5Gネットワークで接続している。ゲームパッドはサーバーと有線でつながっている。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料