PR

 ロームは、最小オン時間が9nsと短い超高速パルス制御技術「Nano Pulse Control」の適用範囲を拡大させることを、2019年4月17日〜19日に千葉県幕張メッセで開催の「TECHNO-FRONTIER 2019」で明らかにした。現在、Nano Pulse Control技術は、マイルドハイブリッド車(MHEV)などに向けた降圧型DC-DCコンバーターIC「BD9V100MUF-C」に適用されている。このICを使えば、48Vのバッテリー電圧を一気に3.3Vや2.5Vに降圧して電子制御ユニット(ECU)に供給することが可能になる。12Vや7Vなどの中間バス電圧を経由することなく一気に降圧できるため、電源回路の小型化や高効率化などを実現できる。しかもスイッチング周波数は2.1MHzと高い。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中