PR

 キーサイト・テクノロジーは、2019年4月17日〜19日に千葉県幕張メッセで開催の「TECHNO-FRONTIER 2019」にブースを構えて、SiC MOSFETなどのパワーデバイスの活用を促進する製品を集めたコーナーを設けた。このコーナーには「パワーデバイス回路設計環境」という名称が付けられていた。

「パワーデバイス回路設計環境」のコーナー。日経 xTECHが撮影
「パワーデバイス回路設計環境」のコーナー。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 同コーナーの展示物は、3種類の製品からなる。(1)デバイスモデリング向け製品、(2)電源基板設計向け製品、(3)回路設計・検証向け製品である。このうち、今回の目玉の新製品として、デバイスモデリング向け製品の計測システム「ダブルパルステスタ」と、電源基板設計向け製品のEDA(Electronic Design Automation)ソフトウエア「Power Electronics Professional」についてブースの説明員から話を聞いた。